ゴスペルコンサートへ
オリーブチャペルのゴスペルグループに入っている方が入っている、
港南シオンキリスト教会のゴスペルグループのコンサートを観に行った。
1_R_201405202336001ad.jpg

ゴスペルとは、福音のこと。
黒人奴隷がキリストに出会って力をもらった。そのよろこびを歌ったもの。
福音とは?良い知らせのこと・・・だったかな?
そう言えば、ゴスペルとは?って勉強してなかったなぁ・・・^^;
今回は礼拝ではなくコンサートだから、そういう話が聞けたのかな・・・。
2_R_201405202336027b9.jpg
3_R_20140520233603c25.jpg

ゴスペルソングが同じフレーズを何度も歌うのは、
言葉を覚えられなかった黒人奴隷が、言葉を覚えるため、
何度も繰り返し歌ったからだそうだ。

『The best is yet to come』という曲の中に気に入ったフレーズがあった。
♪You ain't seen nothing yet!
このフレーズを、しつこいくらい繰り返し歌っていた。正直かなりしつこかった^^;
でも意味を聞いたら、急にいいな・・・と思った。とは言え、しつこ過ぎとは思ったけど^^;
「君はまだ何も見ていないんだがね!」って意味。
最高の事は、まだこれから先だってこと。
今日が最高の日々の始まりの日。明日は更に最高の日の始まりの日。
話を聞いた時、ピン!ときたんだけど、それをうまく伝えられないなぁ・・・^^;
4_R_201405202336046c9.jpg5_R_20140520233606b4e.jpg

ゴスペルの先生、おもしろい先生だった。
話もおもしろいし、わかりやすかった。
エコー(合唱)でよく出る、『ポリフォニー』って言葉が出てきた。
・ポリフォニー→2つ以上のメロディー。
・モノフォニー→1つのメロディー(旋律)。
・ヘテロフォニー→音程がない・意識的にずれているメロディー。
黒人の音楽はこのヘテロフォニーで、奇跡的に?成功した!と言っていた^^

とにかく面白かったし、楽しいコンサートでした^^
上手下手も大事だけど、観に来てくれた人を楽しませることって大事だな!と思った^^v
スポンサーサイト
【2014/05/18 23:29 】
ゴスペル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<おうちランチ教室 | ホーム | ランチ散歩>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://migialto.blog32.fc2.com/tb.php/1686-9f7c7767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |