ボランティア
12月22日(月)

鵠洋コーラスで、老人ホームにボランティアに行った。
IMG_20141222_125633_R.jpg

クリスマスソングのメドレーと、童謡の合唱組曲。
おじいちゃんおばあちゃん達、手を叩いたり一緒に歌ったりしてた。
「私ゃ耳が遠いから何も聞こえないよ!」と叫んでる人もいた^^;

ここで感じたこと。。。
喜んでもらえたのかもしれない、暇つぶしにはなったかもしれない。
でも、
押しつけがましかったんじゃないか、自己満足なんじゃないか…
とも感じてしまった。

クリスマスソングは、かなり曲数を揃えた。
子供にとっては有名でも、お年寄りにとっては知らなそうな曲もあったかも?
童謡は合唱曲集だから、単純ではない。
繰り返しや転調があって、お年寄りにはついていけない。
一緒に歌い始めた途端、ウー!とか言われても困るよね^^;
発表会ならいいんだろうけど、ボランティアは喜ばれてナンボなのでは?
だからハモリはあっても、一緒に口ずさめるような選曲が必要かも。
ずっと1番だけ続けてもいいかもしれない。
もちろん全部ではなく、聞かせるだけの曲もあっていいと思うけどね!

あと、半分以上の人が、歌い終わってから涙ぐんでいた。
それがどうしても気に入らなかった×
すごーく自己満足な感じなんだもん…ひねくれてるね^^;

ボランティアの在り方について、考えさせられた1日でした。
スポンサーサイト
【2014/12/22 18:37 】
合唱 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ソルティッシュナイト | ホーム | クリスマス礼拝→焼き肉忘年会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://migialto.blog32.fc2.com/tb.php/1919-ec3d8c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |